サワコの朝


2017年8月5日(土)今日のゲストは
世界が認めるクラッシックギター奏者の村治佳織さんです。

村治佳織

1978年生まれ(39才)
  3才からギター教室を営む父親からギターを習いはじめ、11才の時に高校生までが参加できるジュニア・ギターコンクールで小学生ながら最優秀賞を受賞。
4年後、15才という若さでCDを発売しプロデビューを果たします。


 その後20才で発売した「カヴァティーナ」クラッシックでは異例のは20万枚の大ヒットを記録。
そして、世間に知られたのが伊藤園の「充実野菜」のCM。
25才の時にはイギリスの名門レーベル「デッカ」と日本人では初めての長期契約を結ぶ。



クラシックギターとフォークギターの違い・・・

クラシックギター

・幅→太い
・弦の材質→ナイロン(釣り糸と同じ会社が製造)
・弾き方→指引きのみ、ピックは使わない。自分の爪がピック代わり。
なので右手は爪を伸ばして、左の爪は弦を押えるので短い。
ギタリスト、チェリスト、バイオリニストの手は、右と左の大きさ、形も違う。


フォークギター→細い

・ネックの幅→細い
・弦の材質→スチール(金属)
・弾き方→ピックが中心


 2才の頃から、毎日ギターに触れギターをおもちゃ代わりに育ちました。
ご飯を食べるのと同じ感覚で1日の中でギターを引くという、そんな環境でした。
だから、自分=「ギターを弾く人」そんな認識が自然と出来上がってしまっていました。
保育園の卒園式で「ギタリストになりたい」と言ってるんです。


人に聞かせる喜びを知った

サワコさん
ーギターを弾く達成感、喜びはどういったところにありますか?

村治さん
ー誕生日の日に親戚が集まると、ケーキを食べる前にギターを1曲披露してたんです。
そこでみんなウワーっと拍手してくれるのでそれが最初の喜び。みんなが喜んでくれる。


記 憶 の 中 で ら め く

村治さん
ースティングの「フラジャイル」
2001年、初めて聞いた時に何て言い曲なんだと思った。
その時に初めてステイングも知りました。


数年後、誰かゲストをお呼びしてコラボをしようと言う企画があって、ドミニク・ミラーはどうか?と。ドミニク・ミラーを知らなかったんですが、スティングと長年一緒に活動しているギタリストだったんです。
そして数曲レコーディングしたんですけど、その時「フラジャイル」も一緒に演奏できたんです。

2人でメロディーと伴奏と言う形で演奏しました。

♪フラジャイル



サワコさん
ーギターが辛いとか、嫌になっちゃったとかいう事はなかったんですか?


村治さん
ー辛いとかやめたいと思うことはなかったです。やめたいという辞書が自分の中になかったし、始めたというキーワードもないんです。知らないうちに始っちゃってるので。ご飯食べるのやめると思わないじゃないですか、そういう感覚です。












デビューして気づいた事

村治さん
ーこんなにクラッシックギターって知られてないんだって事。

地方公演で諾さんの方にいらしていただいて、行く先々でいろんな方とお話しして、いろんな質問を受けて、私の中で当たり前だと思ってたことが全然そうじゃなかった。自分がクラシックギターを広めていく役目ができればいいなと思いました。


2016年発売のアルバム「ラプソディー・ジャパン」

サワコさん
ー昔のわらべ歌を弾いた曲・・・ステキ!ですね

村治さん
ー編曲が素敵なんです!編曲はギタリストの藤井眞吾さん。ギターの事をよくわかってる人が編曲するので音を効果的に使えるんです。

サワコさん
ーギターだから音の広がりを感じないかと思ったら、時にはお琴の音色のよう、タンゴのよう、ジャズのよう。日本の美しい歌をアレンジによって、ギター1本の力によってこれだけ楽しめるっていうことを、我々は気づいてないんじゃないか?って思いました」

村治さん
ー嬉しい、ありがとうございます

サワコさん
ーそれを表現するために何を考えて弾いてらっしゃるんですか?

村治さん
ー楽譜に何が書かれてあるか、作曲された方とか編曲された方の意図をまず汲むという事を大事にしています。最初から自分の表現じゃなくて。楽譜に書かれている細かいところを見ます。女優さんが台本読むのと同じじゃないですかね


サワコさん
ーこんなに健康そうなのにいろいろご病気、ケガをなさったと・・

村治さん
ー右手の神経麻痺を2回。手首から先が動かない、ある日突然。

サワコさん
ーギターの弾き過ぎで?

村治さん
ー腱鞘炎とは違うので、痛みはないんですが、弾き過ぎと言うよりも疲れでしょうね。
演奏会の朝、もう歯ブラシが持てない状態でした。
それは3ヶ月で治りました。
そして数年後にまたなりました。
その時は20代後半ですごく前向きでスペインに住んでて人生楽しい、全て楽しもうと思ってたのですぐに気持ちが切り換えられて、乗り越えられない試練はないみたいな感じでした。
そして2013年は舌腫瘍。


サワコさん
ー落ち込んだ?

村治さん
ー落ち込んだ・・・受け入れたんですけど。
手術をきめた後4日間くらい、やる気がでなかったです。
でも手術を受けるその時には平常心でいたいなーと思いました

サワコさん
ーどうやって鼓舞したんですか?

人知れず復帰したかった

村治さん
ー受け入れるしかないなって。戦うっていう気はなかったです。戦うんではなくってこれはもう起きた事だから、それを受け入れる。それで後はもう流れに任せる。そしてもう1つ思ったのは人様に知れずに治して、人様の知らないうちにフツウニ復帰したかったですけど、たくさんキャンセルしなければならないし、もう活動を休止するって決めたので、公表しなければいけない。それが今までやってきた音楽活動より報道が広がってしまったという・・・
CD出してもここまで広がらないじゃないっていう 

あえて復帰の目途を立てなかった

村治さん
ー今、振り返ってよかったなーと思うのは、いつまでに治すという制限を決めなかったことです。
神経麻痺の時はできるだけ早くなおして、まだコンサートと言う風に思いましたが・・・。

病気を治すことを頑張らない

村治さん
ー舌腫瘍この時は、自分を頑張るっていう気持ちに持って行くのはやめようって思いました。


サワコさん
-でもコンサートに関わってる人たち、お金が関わってくるでしょ?

村治さん
ーそうなんです、だから普通だったらそういう事を考える、でも今回ばかりは活動休止しようかなーと考えたのは、吉永小百合さんのマネージャーさんが「命と仕事なら命が大事に決まってるでしょ!」って。

吉永小百合さんと20年の付き合い

サワコさん
ー吉永さんとの出会いは?

村治さん
ー17才の時でした。
吉永さんがライフワークでずっとされている原爆の朗読。
そのCDそ作る際にBGMを探してると。
当時はもう3枚のCDを出してましたので、それが選ばれた。
それからコンサートをされる時に小百合さんの朗読の後ろで弾くということは、何回かさせて頂きました。
それで打ち上げでお食事に行ったりしhてるうちに、少しづつ少しづつ仲良くなって。
最初は小百合さんの映画女優としての活動はほとんど知らなかった。

サワコさん
ーギター一辺倒だったんですねー

村治さん
私にとっては女優さんと言うより1人の人間として、尊い事をされてる人なんだという印象

ーサワコさん「舌腫瘍の時に小百合さんからのアドバイスはありましたか?

村治さん
ーこの時はもう小百合さんなくしては、感謝してもしきれないというのはこの事です。
常に側にいたくださいました。その1年くらいは友達よりも会ってました。
退院してすぐにカナダの別荘に誘っていただいたり、小百合さんのダンナさんから『人生成り行きでいいんだよ、長い人生の中で2~3年くらい休んでもいいと思うよ』とおっしゃって頂きました。
好きな方からそういう事を言っていただくとスッと(心に)入ってきます。




村治さん
ーカルロ・ドメニコ―ニの「コユンババ」という曲です。
イタリア人のギラリとの書いた曲ですがトルコに住んでた時期があったみたいで、その時にトルコの民謡を聞いたり、旅をしたりして見た光景からインスピレーションを得て作った曲です。

休養前の自分と今の自分をつなぐ曲

村治さん
ー休養前のコンサートでたくさん弾いていた曲ですが、中断ということになりましたが、復帰できて前と変わらぬ状態で弾けるようになってる時に前の自分と今の自分をつないで、そしてまたこれから先も。音楽でつながっている。




印象に残ったのは病気と闘わない、受け入れるという姿勢です。
手術をし、治療をして後は流れに任せる。

聡明で美しい村治佳織さんでした。

         


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村