サワコの朝


2017年7月22日(土)のゲストは佐和子さんとも気心の知れた仲の浅田美代子さん。

1956年生まれの61才。
とても可愛らしいです。

浅田美代子

16才の時25,000人の中からオーデションで選ばれ1973年TBS「時間ですよ」のお手伝いのミヨちゃんとして女優デビュー。


 続く1974年TBS「寺内貫太郎一家」にも出演。
その時共演した樹木希林、演出家の久世 光彦さんから学んだ演技論は今でも宝物だと言います。


そんな浅田さんの知らぜらる才能を開花させたのが、TBS「さんまのからくりTV」(1992年~2014年)
毎回さんまさんをのけぞらせる突飛な発想力でスタジオを爆笑の渦に。

22年間不動のレギュラーとして出演しました。




いつも天真爛漫な笑顔の浅田さんの秘密に迫ります!

出身は東京都港区、
生まれも育ちも麻布でお嬢様。

高校2年生の時にスカウト。
ご両親は大反対!
オーデションを受けてダメだったら諦めるだろうと最初で最後のオーデションだったが、受かっちゃったんですねー。

記 憶 の 中 で ら め く
美代子さんのきらめく曲。
1曲目は「若者たち」1966年
作詞:藤田敏雄
作曲:佐藤 勝
 歌:ザ・ブロードサイド・フォー

オーデションでは台詞が用意されてて、ギターも弾くことになってたので選んだ思い出の曲です。
ギターはこの時初めて手にしたそうです。

オーデションは無事に受かったんですが、この事が次の日の新聞に載っちゃうと学校を退学になっちゃう、それは嫌だったので、その足で自分から退学届けを出しに行ったそうです。

    学校の先生から「やめちやって本当に浅田さん、いいの?」と引き止められ、その時は、お友達もいっぱいいるし、学校好きだし、どうしようどうしようってなったんだけど、3日後くらいからテストがあって、お勉強もしてなかったしもういいやと思って・・・

    高校は中退になってしまいました。


    芸能界に入ってみたらすぐに「時間ですよ」のドラマ撮影が始まって、樹木希林さんとマチャアキと3人でトリオ・ザ・銭湯ってシーンがあって、自分たちで作るんですよ。
私は新人なのでそこにいるだけだったけど。
久世さんと希林さんとマチャアキ、で練って練って練ってコントができる。
私はお手伝いさんの役だからって、ずーっと雑巾がけをやらされた、お芝居じゃなくて。
雑巾がけばっかりやらされてた。


美代子さんのドラマのファーストシーンは・・・。
田舎から出てきたお手伝いさん役で、唐草模様の風呂敷さげてね、「松の湯」って看板を見た時に、
「松の湯・・・ここだぁ。私がこれから働くとこなんだ」って台詞。
この「松の湯」のひと言に30回以上のNG。コワかったぁ
「松の湯・・・」「ちがーう!!」と上から怒鳴られる。

やっとたどり着けた安堵と不安といろーんな気持ちが混ざった「松の湯」という台詞なんだと、久世さんに言われたけど全然わからなくて。


サさん「泣かなかったの?」
美代子さん「泣かなかったけど、何が何だかわからなくて、そんな感情もなく。
もうどうでもよくなって、いろんな松の湯を言って、それでOKになった感じ」

サワコさん「もうこんなところに居るのはイヤだとは思わなかったの?」

美代子さん「そんな時は森光子さんとか希林さんとかが『大丈夫、大丈夫』って」

久世さんにはよく怒られた。
灰皿は飛んでくるし、ほっぺたを叩かれたこともある。

でも普段は仲良くて希林さんと3人でお昼ご飯を食べに行ったり、本気で育てようとしてくれてたんだと思う。
お芝居を丁寧に教えてくれた。

例えば台本に「泣くミヨコ」と書いてあっても涙なんか出なくていいんだ、泣くっていう芝居をするから、涙なんか出なくったって悲しい気持ちは伝わるからいいんだ。

大切な事を教えてもらったなーと思う。




赤い風船で歌手デビュー

レコーディングの時は笑顔で歌えと久世さんに言われて笑顔で歌ってました。
でも下手で有名になっちゃいましたね
ドラマの撮影の途中に抜け出して歌番組に出るんだけどみんな見てくれてましたね。
「今日はよくできたねー」って幼稚園の園児みたいに・・・言われました


ではでは、下手と言われてたので検証をしてみましょう!




どうでしょ?
やっぱり下手だなー
お世辞にも上手いとは言えないな
でもめっちゃ可愛いですね
歌を褒めれないから可愛いと褒めておこう。

サワコさん「そんなにへたじゃないよね」
美代子さん「だって音楽は5だったもん!」

との事です


デビューして4年後に結婚。

誰と結婚されたか知らない人も多いでしょうね。
フォークシンガーの吉田拓郎さんですよー
吉田拓郎
現在の奥様は森下愛子さん

美代子さんと拓郎さんが噂になった時に樹木希林さんと内田裕也さん夫妻が、吉田さんが飲んでるところに「どういうつもりで付き合ってるんだ!」と乗り込んだ。
それでなくてもロックとフォークで仲が悪いでしょ?
吉田さんは「真剣に付き合ってます、結婚するつもりです」って。
それで納得して帰ったらしいです。

このエピソードで浅田美代子さんがどれだけ周りの人たちから、可愛がられて愛されてたかわかりますね。

しばらくは専業主婦をして、お料理は好きだったんだけど、お掃除が苦手で母に来てもらってました。

ピーンポーン 「浅田家政婦協会から参りました!」って。


離婚してからはお母さんと2人暮らし。
壮絶なケンカをしました。
娘の夜遅くの帰宅や朝帰りをめちゃくちゃ怒るので
「結婚して離婚してるんだよ、何言ってるの」ってケンカになる。


そのお元気な母さん、風邪っぽい症状で熱が高かったので、念のために検査したら急性リンパ性白血病と言われ治療しなかったら、余命1ヶ月と言われ。
あんなにショックなことはなかった。

その次の日に仕事で希林さんにあった時、普通にしなきゃ、といつも通りに「オハヨー」って言ったらね、もうすぐに、希林さんが「あれ、美代ちゃんどうかした?あんた何かあったわね、いやあんたじゃないわね。お母さんになんかあったでしょう」って言われてばーって涙が出て。
慰めてもらいました。

樹木希林さんの洞察力って凄いですね!!


ちょうどその頃はからくりTVに出演されてた頃で、気持ちの切り替えが大変だったと振り返ってました。
お母様も楽しみに番組を見てらしたそうです。

サワコさん「さんまさんには言わなかったの?」
美代子さん「周りに迷惑をかけるっていうか、やり辛いでしょ」

お母様は余命1ヶ月と宣告されましたが、その後1年8ヶ月も延命されました。
美代子さんは、自分のために、2人の時間を作ってくれたんだなーと感謝してるとおっしゃってました。






サワコさん「からくりTVに出るようになったきっかけは?」

さんまさんの依頼だった

美代子さん「その頃さんまさんとドラマに出てからくりテレビを作るのにプロデューサーがロケ地に来てて、じゃあ浅田さんを口説いてくれないかと言ってくれてみたいです」

サワコさん「期待を大幅に超える活躍ぶりじゃあございません?」

美代子さん「始めは1クールか2クールぐらいにしか思ってなかったけど、22年も・・・。」

佐和子さん「さんまさんとの噂もありましたが?」

美代子さん「同級生とか、そんな感覚。仲が良すぎて男同士みたいなそんな感じかな、不思議です。
ホントに彼氏ができない時期がありました。
その頃は、彼氏ができないのと、知的な役が来なくなった
弁護士とかお医者さんとか、テキパキって役が。
未だにまだ来ないあの20年のイメージが強いんですね。
でも、そんな役がきても台詞が言えないかも。専門用語とか。」


竹内まりやさんの「人生の扉」一目惚れならぬ人耳惚れ
年齢を重ねていく自分と重なる曲



サワコさん「年を取ることに不安とかなにか考える所とかある?」
美代子さん「でも、もう、還暦過ぎたらないな。後はどれだけ楽しく過ごせるかっていう事なんじゃないかな」


とってもチャーミングな浅田美代子さんでした

         


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村