ビーパップ!ハイヒール
その姿には理由がある!
関西 世にも異形な仏像ランキング
恐怖と感動の仏像ワールド!

4位~6位


第6位 顔が怖すぎる像

奈良 東大寺 賓頭盧尊者像(びんづるそんじゃぞう)
賓頭盧尊者像

表面が剥がれ溶け出したかのような形相
大仏殿の外に祀られています。

賓頭盧尊者とは釈迦の弟子の1人。
大臣の子として生まれ医者をしていましたが、釈迦の教えに心打たれて弟子となりました。
神通力を持ち説法にも優れていたため、弟子の中でも特に優秀な16人、十六羅漢に選ばれるほどでした。
ですが、ある時事件が起きたのです。


とある行者が木鉢を竿の先につけ、高く掲げこう言いました。

「神通力ある者はこれを取れ!」

名だたる行者がみんな失敗するなか、賓頭盧尊者だけが成功、木鉢を手に取る事ができたのです。
見事な神通力にみんな大喜び。
だが釈迦は激怒しました。


「神通力で凡俗の歓心を買うなど修行者のすべきことではない!
汝は我に従う事も涅槃に入ることもできぬ!」

以降、賓頭盧(びんづる)は死ぬことも許されず、仏法を説き続ける存在となりました。
こうした経緯から日本全国の賓頭盧様は本堂の外に祀られているのです。


その後説法の見事さから民衆に慕われた賓頭盧様。
病んでいるところと同じところを撫でると治る。そんな信仰を集めるようになり、人々の願いを受け止め続けた結果、今のようなお姿になられました。その痛ましい表情の奥には、愛情と優しさが満ち溢れています。

もうお釈迦さま~、賓頭盧さまを許してあげてよ。
お釈迦様なのにそんなに激怒して大丈夫なの?
って思ったのは私だけ?





第5位 異常に痩せた仏像

 堺市 南通寺
 やせ仏
 *注 画像は南通寺のやせ仏ではありません

片膝に両手を添え、物思いに沈んだ表情、異常に凹んだ腹、浮き出た肋骨。
なぜこんなに痩せこけているのでしょう。
俗に痩せ仏と言われているこの仏像、一見修行中の苦行僧のようにも見えるのですが、そうではありません。
五劫思惟といって成仏する前の阿弥陀仏を表しているといいます。

五劫:想像を絶するほど長い時間の事

それほどの長い時間考えを巡らせた姿だからこそ痩せているのです。

痩せ仏が数多く残されている地域があります。
そう、富山県では同じような痩せ仏が22体も残されています。

その昔富山では、節談説教(ふしだん説教)という法話が、盛んに行われていました。
節談説教というのは法話に抑揚をつけるもので、浪曲や落語のルーツで庶民にとって法話のお楽しみ。
その中でも1番人気だったのは歎異抄にある一文。

阿弥陀様が何年も悩んでくださったのは、我々民衆1人1人のため。

この文言は泣かせどころのクライマックスでよく引用されました。

その時、目に飛び込むように映し出されたのが骨と皮だけの痩せ仏。
長い間我らに代わって苦行をなされたのだ、
この時一同は涙したと言われています。

痩せ仏は云わば、キリスト教徒にとっての「磔刑(たっけい)のイエス像」
世の苦しみを代わりに受け続けている聖なるお姿なのです。

南通寺のやせ仏さまの画像はありませんでした。
テレビでは特別に公開してもらったようです。








第4位 中に隠された裸体像

 奈良 新薬師寺 景清地蔵
  景清地蔵
  左が中に隠れていらした仏像


薬師如来や十二神将など約13もの国宝が祀られているこの名刹に摩訶不思議な仏像があります。
普段は非公開のこの仏像

全長:190cmの堂々としたお姿の景清地蔵。
このお地蔵さまにはある秘密が隠されていました。

今から33年前(昭和59年)東京芸術大学に修復のために持ち込まれた景清地蔵。
構造を確認するためレントゲン撮影が行われました。

すると、

中にもう1体入っていることが確認されたのです。
映るはずのない股や脇が衣の中に隠れている。
なんとこのお地蔵様、中にある裸体像に木の衣が貼装されていることが判明しました。

前代未聞の二重構造。

その姿を残すため木の衣を全てはがし裸体像のレプリカに移しました。
そうする事で2体を同時に拝めるようにしました。

なぜこのようなお地蔵さまが作られたのか・・・。

裸体像の体内に残されていた700年前の願文にありました。

鎌倉時代、興福寺にとても仲のいい僧侶の師弟がいました。
師匠の名は実尊(じっそん)、弟子は尊遍(そんぺん)
2人の親密さは春日権現霊験記に描かれています。

同じ日、同じ夜に同じ神の使いが現れるという夢を見たと言います。

そんなある日、師、実尊が他界。

悲しみに暮れる弟子の尊遍はあることを思いつきました。

「裸体像に実尊様の法衣を着せるのじゃ、そうすればご供養になるはずじゃ」

裸体像を造り実尊の法衣を着せました。
更に尊遍は自分の死後も実尊さまのご供養が続くようにと木の衣を貼装した。
こうして仲良く並ぶ2体は師弟の強い絆を今に伝えています。


こんなに尊敬された実尊さま、こんなに尊敬できる師匠に巡り合えた尊遍さま。
お2人ともお幸せですね。

 関西 世にも異形な仏像ランキング①
 関西 世にも異形な仏像ランキング③




         



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村