男に腹が立ってしょうがないピンク映画の巨匠

浜野佐知

【浜野佐知監督のプロフィール】

 生年月日:1948年3月19日 

 出身地:徳島県
 出身校:東京写真専門学院

 職業:映画監督(旦々舎代表取締役)

延べ400本以上のピンク映画を撮り続けている大ベテラン。

「女性の側から性を主体的に観る」が、一貫した作品のテーマになっている。

ピンク映画ではなく一般の映画の作品もある。
最近は的場ちせという名前でメガホンを取ることもある。


男が作った社会、文化がいやだ 男ジャパンが腹が立つ
女性の肉体や性を商品化してる。
女性が自分の性を自分の手に取り戻す。

女が主役である。

妻夫の役割は関係ない。 


監督はご結婚されてるそうですが妻の役割はいっさいやらない。

 

女性が自ら露出するのであればOK。

女性のやりたいことを社会が蓋をするのがいけない。

 

映画を撮ってて、女性を見る時、男性目線で興奮するし、セックスも女性としたいと思う時ある。


自分が好きになってやりたいと思ったら犬だって猫って亀だっていい訳だから。とどこまでも自由人ですね。

 

浜野佐知の叫び


『 男の妄想で女の性を歪められたら困る。
男なんて・・・、そんなもん(〇〇〇)偉そうにぶらさげてんじゃねー!!』

  
       


にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ