2017年4月16日(日)「上沼・高田のクギヅケ!」で。

上沼恵美子さんのお姉さんの芦川百々子さん(旧姓橋本)が受けたプロポーズがとっても素敵なのでご紹介します。

上沼恵美子さんは今はお1人で活躍されていますが、以前はお姉さんと漫才コンビを組んでたんですねー。


コンビを組むきっかけは偶然に!突然に!

いえ、これは天才上沼恵美子誕生の必然だったのかな。

1971年に叔母・姪コンビの海原お浜・小浜師匠(小浜師匠は海原やすよ・ともこのおばあさん。ちなみにやすともの師匠は中田ボタンさん。)に入門し、すでにデビューが決まってたのに、お姉さんの万里さんの相方がまさかの失踪。
そこで急遽、妹の恵美子さんに白羽の矢が当たり、海原千里・万理として姉妹漫才コンビ誕生という・・・、ドラマみたいなお話しですね。

でも、上沼恵美子さんは、歌手希望だったので、複雑だったそうです。

    上沼さんがまだ漫才師、海原千里・万理として活躍されてた時の事。
念願のレコードデビューを果たします。


代表曲は「大阪ラプソディー」

大ヒットしましたね。

今でもご当地ソングの定番です。


歌唱は主に上沼恵美子さんで、お姉さん、百々子さんのソロは1番の中ではわずか1小節です。
曲全体の中では3小節。
  大阪ラプソディー



当時は、姉妹一緒にマンションで同居していました。

夜に1本の電話が鳴って、千里さん(上沼恵美子)が出るとお姉さんの万理さん(百々子)が当時お付き合いしてた男性からで、万理さんに代ると、万理さんは電話で話しながら何やらメモを取ってる。

電話を切った後、ワァーっと号泣するので、「ああ、お姉ちゃんまたフラれたんだな」っと思った。

ワーワー
と汚い顔で泣いてるし、(いつものお姉さんイジリです、よく大きな顔とか畳みたいな顔とか・・・)
それで、どうしたん?と聞くと

その彼が「今のメモから″いろはにほへと″を抜いて!」と言ってガチャンと電話を切ったので、その通りに。
そして残った文字を読むと、


 ぼくきめたよめさんはももこ

 僕、決めた嫁さんは百々子


上沼さんが言ってましたけど、「義兄はこんなプロポーズするような顔と違いますよ、姉もこんなプロポーズ受ける顔と違う」って。

海原千里・万理 ちょこっと話

下に続く ⏬









こんな素敵なプロポーズをした人はどんな人なのかと、気になって調べてみましたら、夢大作さんというコメディアンでした。今は競艇評論家をされてるようです。

夢大作
↑↑↑夢大作さん

 優しそうな方です。ご夫婦似てますね~

百々子さんはご結婚後は、たまに上沼さんのコンサートや、番組や、歌番組にゲスト出演されてます。
家庭中心の生活ですね。

また海原千里万理の漫才を復活してほしいな。



         



にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへにほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ