大鵬幸喜:
大相撲力士(第48代横綱)

  大鵬


●受賞時の年齢:没後受賞 (満72才歳没)
●受賞日:2013年2月25日
●受賞事由:1960年代に“子どもの好きな物”として読売ジャイアンツや玉子焼きと並び称されることが流行語になったほどの人気者。 大相撲史上最多となる32回の幕内優勝を成し遂げるなど、 “昭和の大横綱”として相撲界に輝かしい功績を残すとともに、 多くの国民に愛される国民的な英雄として 社会に明るい夢と希望と勇気を与えることに顕著な業績があった
●他の栄典:正四位、 旭日重光章、 文化功労者




◆国民栄誉賞受賞者 ◆21人目


・本名:納谷 幸喜(一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜と名乗っていたこともあった)
・生年月日:1940年5月29日
・出生地:北海道川上郡

・死没:2013年1月19日 (72歳)
・身長:187 cm
・体重:
153 kg

◆国民栄誉賞とは
内閣総理大臣表彰の一つ。
1977年(昭和52)8月30日内閣総理大臣の決裁により設けられた。
この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉をたたえることを目的として設立された。
表彰にあたっては、表彰状および盾が授与され、記念品または金一封を添えることができることとなっている。[内閣総理大臣官房人事課]

大鵬2

元横綱大鵬の故納谷幸喜氏の国民栄誉賞授与式で、安倍首相(右)から記念品を贈られる芳子夫人。
左は遺影を手にする横綱白鵬

大鵬さんに贈られた賞品は、ダイヤモンド8個をあしらった掛け時計。全勝優勝の回数にちなんだものです。

芳子さんは大鵬さんが愛用していたのと同じ、岩手県陸前高田市の桜の木でつくった杯を安部首相に贈りました。そして「主人は天国で喜んでいると思います」と話されました。


国民栄誉賞の受賞者には『表彰状と盾』の授与に加え、『記念品または金一封』を添えることができる』とされています。
これまでの国民栄誉賞受賞者にはすべて記念品が贈呈されています。賞金に当たる金一封を受け取った方はいらっしゃらないそうです。 


国民栄誉賞を辞退した人

1983年 福本 豊さん(プロ野球選手):本人が辞退
福本豊


1989年 古関裕而さん(作曲家):没後内定に遺族が辞退
古関裕而

2001年 イチロー(プロ野球選手):本人が辞退
2004年 イチロー(プロ野球選手):本人が辞退
イチロー


福本豊さんの辞退理由は、「をんなんもろたら立ションもでけんようになる」
イチローさんの辞退理由は「賞をいただくことは光栄だが、まだ現役であり発展途上の選手なので…」



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村