衣笠 祥夫:元プロ野球選手

衣笠祥夫

●受賞時の年齢:40才
●受賞日:1987年6月22日
●受賞事由:連続試合出場世界新記録達成



◆国民栄誉賞受賞者◆ 6人目

衣笠祥夫(きぬがささちお)

・生年月日:1947年1月18日
ー2018年4月23日(享年71才)
・出身地:京都市東山区
・身長:175cm
・体重:
73 kg
・在日米軍の父親と日本人の母親とのハーフ

引退後は野球解説者、野球評論家、タレント。
所属事務所はキャスト・プラス
広島東洋カープオーナー付スタッフ
愛称は「鉄人」

息子は俳優の衣笠友章。(現在は引退)

*追記
"鉄人"と呼ばれた男 衣笠祥夫さんが 2018年4月23日に亡くなられました。
死因:大腸がん

 2215試合連続出場の記録を持ち「鉄人」として親しまれた。
87年にはプロ野球界2人目となる国民栄誉賞も受賞した。76年盗塁王、84年打点王、MVP。通算2677試合、2543安打、504本塁打、1448打点、打率2割7分。96年野球殿堂入りした。  19日に横浜スタジアムで行われたDeNA-巨人でTBSの解説を務めたのが、公の場に姿を現した最後になった。体調を気遣い「代わりましょうか?」と関係者から打診されたものの、仕事への強い意欲を示したという。
睡眠は1日9時間。
深夜0時から2時まで、2時間の素振りが日課だった。
大変な偏食家で、お肉とたまごしか口にしなかった。
好物はだし巻き玉子。
奥様は偏食を直そうと美味しいだし巻き玉子や料理を、料理人から手ほどきを受けた。

1番影響を受けた人は妻だと公言するほどの愛妻家。

野球が好きで1日でも長く野球に携わりたかったとおっしゃってたそうです。

鉄人のご冥福をお祈りいたします。


◆国民栄誉賞とは
内閣総理大臣表彰の一つ。
1977年(昭和52)8月30日内閣総理大臣の決裁により設けられた。
この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉をたたえることを目的として設立された。
表彰にあたっては、表彰状および盾が授与され、記念品または金一封を添えることができることとなっている。[内閣総理大臣官房人事課]

   衣笠祥夫2
国民栄誉賞表彰式で中曽根首相と衣笠選手と奥様の正子さん


国民栄誉賞の受賞者には『表彰状と盾』の授与に加え、『記念品または金一封』を添えることができる』とされています。
これまでの国民栄誉賞受賞者にはすべて記念品が贈呈されています。賞金に当たる金一封を受け取った方はいらっしゃらないそうです。 

         


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村