植村直己:冒険家

植村直己yjimageKXFF1BOC

●受賞時の年齢:没後受賞 (満43歳没)
●受賞日:1984年4月19日
●受賞事由:世界五大大陸最高峰登頂など

◆国民栄誉賞受賞者 ◆ 4人目


植村直己

・生年月日:1941年2月12日 (76歳)

・出身地:兵庫県豊岡市

・日本の登山家、冒険家。
 日本人として初めてエベレストに登り 、世界で初めて五大陸最高峰を極める。


◆性格◆
 数々の冒険の成功から、大胆不敵な面がクローズアップされていますが、実際には人一倍臆病な性格で、十分な計画と準備を経て、必ず成功するという目算がなければ決して実行には移さなかったと言われています。

  体力の他に取り立てて優れているところがあるわけではない自分に対して、常に劣等感を持っていて、記者会見などで自分が持ち上げられることを極度に嫌ったが、
公子夫人や知人の多くが指摘するように、その劣等感をバネにして、数々の冒険を成功させたとも言えます。

  人前に立つのは大の苦手で、資金集めの講演会や記者会見で大勢を前にして話をする際は、第一声を発するまでしばらく気持ちを落ち着けなければならなかったが、口下手ながらも、自身の体験に基づいた講演は多くの聴衆に感動を与えました。

  アラスカにある北米大陸最高峰のマッキンリー冬季単独登頂に挑み、1984年2月13日、テレビ朝日取材班との登頂成功の交信を最後に消息を絶ちました。

  その後ご遺体はまだ発見されていません。


◆国民栄誉賞とは
内閣総理大臣表彰の一つ。
1977年(昭和52)8月30日内閣総理大臣の決裁により設けられた。
この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉をたたえることを目的として設立された。
表彰にあたっては、表彰状および盾が授与され、記念品または金一封を添えることができることとなっている。[内閣総理大臣官房人事課]

植村直己2

中曽根首相から記念品を受け取る植村直巳さんの妻公子さん(中央)


国民栄誉賞の受賞者には『表彰状と盾』の授与に加え、『記念品または金一封』を添えることができる』とされています。

これまでの国民栄誉賞受賞者にはすべて記念品が贈呈されています。賞金に当たる金一封を受け取った方はいらっしゃらないそうです。


         



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村