にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

 格闘家の角田信朗さん、2017.1.16「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」というタイトルでブログを更新。

 以前はダウンタウンの番組によく呼ばれていた角田さんですが、松本さんのオファーを断って以来、約8年間、まったくオファーなしだといいます。


 角田さんは事態収拾のため、ある芸人に仲介を依頼するも、解決することなく、角田さんはブログでこの芸人が問題を複雑化させた推察。

「ブログに書くことで この真実が 回り回って 松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と書いています。

角田角田信朗さん

オファーを断った理由は、当時K-1の”ミスジャッジ騒動”の渦中だったので、”自粛”という意味で出演を辞退したそうです。   
             

 ワイドナショー司会の東野幸治さんから角田さんのブログの内容が読み上げられ、騒動の件をふられた松本さんは「もう、全然しゃべりますよ」と。

「でもこんな、カビのはえたような8年前の話しします?」と困笑。

松本松本人志さん

「これはちゃんと話さないと、事実は事実でね、8年前にレフリーをお願いしたんですよ。たたいてかぶってジャンケンポンってゲームがあって、それを壮大なスケールで“ガキの使い”で2週か3週にわたって、芸人さんたちもたくさん呼んで、チャンピオンを決めるみたいな」

        たたいてかぶってじゃんけんぽん

余談:たたいてかぶってジャンケンポンってゲームは桂文枝さんが考えたゲームだそうです 。
ご存知ですか?

文枝桂文枝さん「いらっしゃ~い」の人です

 【ルール】向かい合わせになりその間にピコピコハンマー2つとヘルメットを 1つ用意し、ジャンケンで勝った人はハンマーを手に取り相手の頭をピコっと叩く、負けた人は叩かれる前にヘルメットをかぶるというゲームなんですが、負けてるのにハンマーを手に取ることがあったり、その逆があったり。
単純なのに結構盛り上がるゲームなんですよ~。     


  
戻します
          
そこで、レフリーは誰にすんねんという事になって、その当時は角田さんだろうという事で、オファーをして角田さん側は、OKだったんですよ。
衣装も全部決めてて、打ち合わせも。

ところが、その2日前にドタキャンされたんですよ。

角田さんはブログでそこをちゃんと・・・。
ご本人わかってないのかな~

事務所の人に任せていたのか、自分でしてなかったのか・・・」と首をかしげてました。

慌ててスタッフと代役を探したけど、本物のレフリー連れてきても、ノリもわからないんで・・・。

「結果、時間がなくて間に合わず、収録が飛んだんですよ。だから、いろんな芸人さんたちのスケジュールも押えてたんですけど『ごめんなさい、なし!』ってなったんですよ」

「正直、これは大問題というか、だからこれは僕が怒ってるとか、そいうことではなくて、番組の問題、とか吉本興業とか、もっと言えば日本テレビとの問題なんで、僕の共演NGとか、そんなちっちゃい話しではないんですよ。
だから、なぜここにきて、急に8年経ってから、僕を名指しで言っているのかわからないんですよ」

   そして東野さんが「その後、久しぶりにオファーがあった」件について聞くと、「それは、なんかの手違いで、わかってなくて、オファーしちゃったんです」と。

 「それは吉本としても、会社としても番組としても無理だと。やっぱりあーいうことがあって、この世界のしきたりといいますか、ルールと言いますか。そういう事があってまた数ヶ月後に笑いながら番組で共演してたら、ほかの人達からしたら、何やねんという話になってきますからこれは無理でしょという事で」

「だから言っときたいのは、僕どうこうじゃないというのと、ドタキャンだっていう事と、8年たってブログで言ってくるのはルール違反じゃないのかな。ルールは誰よりもわかっている人なので・・・」とツッコミを入れてました。                 

  それと、「ガキの使いのスタッフは当時とほとんど変わってないので、この前全員で確認したんですよ。
そしたら、僕は3日前のドタキャンかと思ったら2日前だった」といい、今回のこの番組の発言を受けて角田さんがブログを更新するということはしないで頂きたい。「できれば、会社を通してやって欲しいかな…」と言っていました。



やっぱり、ブログでっていうのは良くない。
直接お話しできればよかったのに。
芸能界って横につながっているようでそうでもないんですね。

番組の企画が飛ぶという事は損害も大きかったでしょうし、出演予定の芸人さんたちの仕事にも多大な迷惑をかけてる訳で。
1つ1つの仕事がとても大切な芸人さんにとっては死活問題にもなりかねません。
新人芸人さんが出演予定だったらなおのこと。

お詫び行脚しないといけない。角田さんはわかってなかったんでしょうかねー?

2日前のキャンセルははアウト!

今回の騒動は角田さんのひとり相撲みたいになってしまいましたね。