一目瞭然 美味しいお惣菜の見分け方

             調査員 : 笑い飯の哲夫さん

           「笑い飯 哲夫」の画像検索結果
  

業界関係者に聞くお惣菜の裏事情

お惣菜の購入頻度
(アサヒグループホールディングス:全国の20才以上の男女800人の調べ)


これを知ればお総菜コーナーに行くのが100倍楽しくなるよ!

3,000件ものスーパーをコンサルティングした成田廣文さんおじさん1(お惣菜界のカリスマ)に聞きました。

「中小のスーパーはお惣菜に力を入れていて非常においしい」

「お惣菜は一般の商品に比べて利益率を2倍に設定しても、味さえよければ売れる!」

「お惣菜の売り上げ次第で経営状況が一変する中小のスーパーも多い」とのこと。



・知らなきゃ損!スーパーのお惣菜の選び方

スーパーのお惣菜は、

店内で手作りのお惣菜」と、
工場生産のお惣菜」に別れる。

どこを見れば手作りのお惣菜を見分けることができるの?

総菜界のカリスマに聞く。
美味しい手作りお惣菜の見分け方、まずお総菜売り場で何を見ればいいですか?

おじさん1メジャーを使いますよー
1メージャー


メジャーを使えば手作りかどうかがわかるんですって。


おじさん1容器のふたが高ければ高いほど(3.5㎝以上)店内で作っている可能性が高い。

一体なぜ?

おじさん1高いフタを工場から持って来ようとすると、どうしても衝撃で中のおそうざいが崩れてしまう。フタが低いと、中のお惣菜が崩れにくいという事。

容器1
低いフタの容器:工場生産の可能性が高い

容器2
高いフタの容器:店内調理の可能性が高い


おじさん1工場生産のお惣菜:崩れにくく重ねやすいようフタが低いことが多い、より多く運ぶことができるから。
でも、中にはフタの高さで見分けられないお惣菜もある。

肉じゃがの場合

店内手作り:じゃがいもが多少煮くずれたり、ニンジンの角が不揃いだったり、野菜の大きさにバラつきがある。

工場生産:-機械で野菜をカットしてるのでや材の大きさが均等。


手作りと工場生産の決定的な違いとは?

おじさん1ブロッコリー、きぬさや、インゲンなどいろんな「緑」がありますが、基本的に工場から来ている緑は変色するので一目瞭然にわかる。
肉じゃがを見ればそのお総菜売り場全体ののレベルがわかる。
切ったり味付けをしたり鍋で調理したりものすごく難しい商品なので、店全体のおいしさの指標になります。

・コロッケで見てみると
工場生産の物は冷凍に向いた細かい衣。
衣が大きく立ち上がってるかチェックしましょう、手作りのものはころもが大きく立ち上がっている。

・焼き鳥はネギ間に注目
工場のネギ間のネギは中がスカスカ。
手作りのネギ間のネギは新鮮なので中の繊維が詰まっている。

美味しいお刺身の見分け方

ほとんどのスーパーのお刺身はお店で手作り、工場ではなく店内でさばいてます。
さすが、お刺身好きの日本人ですね!
しかしそれでも美味しいお刺身の見分け方があると言います。

そのポイントとは?

おじさん1やっぱり肝心なのは鮮度。

あるお刺身さえ見ればすべてのお刺身の鮮度がわかるそうなんです。

あるお刺身、それは「マグロ」
マグロをみれば一番わかりやすいんですって。

おじさん1マグロの鮮度が良ければ全体に鮮度の良いお魚を売っていると判断して間違いないと思います。

マグロの鮮度の見分け方はとっても簡単。

・透明感のあるもの
・鮮度が悪いといっろが黒ずんで来る
・赤い水分がトレイに溜まるのも鮮度は良くない

しかーし鮮度を見分けるのはマグロの単品だけ。
刺身盛り合わせは別、盛り合わせのマグロは見栄えをよくするために油脂を塗ったり、食品添加物で色を出すことがある。それは単品では違法になるのでやってはいけない。
ただ、盛り合わせになると、違法にはならない。

「生鮮食品」の刺身単品→食品添加物NG

「種類以上の刺身盛り合わせ」は加工品として扱われるため食品添加物OK


お刺身の盛り合わせを買いたいときは製造シールをチェックし食品添加物が入ってない物を選んでくださいね。

スーパーのお惣菜選びの裏技でした!!

クイズです

緑色のお野菜は変色しやすいので工場で作ったかどうかがわかるんですが、ある野菜だけは変色しにくい。
その野菜が大量に使われているお惣菜は工場生産の可能性が高い。


Q:時間が経っても鮮度が落ちない野菜はなんだ?

A:下にあります。




お得!デパ地下のお総菜売り場の歩き方

・衝撃デパ地下のお惣菜に秘められた真実

味も価格も競争が激しいデパ地下総菜の舞台裏

京阪神エルマガジンのお姉さんん金馬由佳さん

お姉さんんデパートのお惣菜が美味しいのは当然!デパートのお総菜売り場は毎日が戦場


味も価格も競争が激しい!デパ地下総菜の舞台裏

百貨店バイヤーおじさん2に聞くQデパ地下のお惣菜戦略とは?

阪神梅田本店のお惣菜売り場には42店舗あり阪神百貨店梅田本店の売り上げの約半分が食料品売り場のフロアーで稼いでるんですって。、すごいですねー!

そして、そこには数々の戦略が

サラダで定評のあるRF1、サラダショップミヤコ、柿安ダイニング(サラダも販売)などの競合店を隣接させて競争意識を高める。
サラダ一つとってもお客さんが買い合わせをしやすいように、高級路線のお店、リーズナブルなお店、品数豊富なお店が競い合ってます。
各お店の人同士はやりにくいところはあるだろうけど百貨店としては意図的に核テナントの競争意識を煽ってるところがある。
みんなしのぎを削っている。

もちろんサラダだけではなく中華総菜店も横並び。

寿司や魚総菜も4店舗。お客さんがメニューや価格を比較しやすいようになっている。


各店舗合同の朝礼は欠かせないそうです。
専門店同士が売り上げを意識しあう為の朝礼。

そして、そして百貨店業界初、絶対のタブー「全食品専門店の人気投票」を開催。
味だけでなく接客態度を含めたアンケートを集め順位を発表。
これには一部の専門店から格付けされると反発がありました

ちなみに1位は、「肉の匠いとう」 国産黒毛和牛ステーキ切り落とし(100g) 1,058票

他の百貨店との差別化を図る戦略もあります。

おじさん2限定商品で他の百貨店と差別化、ここでしか買えない物を増やしたい。
専門店がわざわざ百貨店のために特別に手配したお総菜。
お店にとっては利益率が低いですが、お客さんにとってはお買い得な商品。
「どれにしようかなって迷ったら限定メニューを買うと間違いない」そうです。

阪神百貨店と言えばイカ焼き。
1日1万枚以上売り上げた名物1枚152円

行列店を入口近くに配置、売り場の行列というのはおおきな広告塔になる。

さてさて、先ほどのクイズの答えです。

A:青ネギ

ネギをいっぱい使ってるお惣菜は工場生産の可能性が高いそうですよ。


百貨店の戦力を知ったうえで上手にお惣菜を選んでくださいね~


         



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村